企業家人物辞典 >> 経済訃報 >> 経済訃報2008
 
 
 
中部一次郎 元林兼産業社長

更新日: 2008-07-25 

中部一次郎(なかべ・いちじろう) 元林兼産業社長が、2008年07月25日、急性肺水腫のため死去、76歳。


中部 一次郎【なかべ・いちじろう】
【肩書き】元林兼産業社長
【没年月日】2008年7月25日
【年齢】76歳
【出身地】山口県下関市
【経歴】
大洋漁業(現マルハニチロホールディングス)の創始者、中部幾次郎の孫で、元同社副社長、中部利三郎の長男。1968(昭和43)年から96年まで、社長・会長として林兼産業の経営に当たり、日本初の養魚用飼料専門工場を作るなどした。関連会社役員、中部財団理事長のほか、下関大丸社長などを歴任して地域の発展に尽くした。


キーワード:【な】[は][山口県]

[前頁]  [目次]  [次頁]