企業家人物辞典 >> 経済訃報 >> 経済訃報2007
 
 
 
関本忠弘 元NEC社長・会長

更新日: 2007-11-11 

関本忠弘(せきもと・ただひろ) 元NEC社長・会長が、2007年11月11日、脳梗塞のため死去、80歳。


関本 忠弘【せきもと・ただひろ】
【肩書き】元NEC社長・会長
【生年月日】1926年11月14日
【没年月日】2007年11月11日
【年齢】80歳
【出身地】兵庫県神戸市
【学歴】旧制滝川中学、姫路高校を経て
昭和23年東京大学理学部物理学科卒業
昭和37年東京大学工学博士
【経歴】
大正15年11月14日兵庫県神戸市生まれ
旧制滝川中学、姫路高校を経て
昭和23年東京大学理学部物理学科卒業
昭和23年日本電気(NEC)入社
昭和37年東京大学工学博士
昭和40年中央研究所基礎研究室長
昭和40年8月米国コムサット社出向
昭和42年9月NEC復帰、中央研究所通信研究部長
昭和47年8月NEC伝送通信事業部長
昭和49年NEC取締役
常務、専務を経て
昭和55年6月NEC取締役社長、14年間の社長在任中、同社の売上高を7千億円から4兆円に拡大させ「NEC中興の祖」と言われる
昭和57年紫綬褒章
昭和60年経済同友会副代表幹事
平成元年藍綬褒章
平成4年5月経団連副会長
平成6年6月NEC取締役会長
平成7年レジオン・ド・ヌール勲章(オフィシェ)
平成8年IEEEアレキサンダー・グラハム・ベル・メダル
平成8年名誉大英勲
平成9年5月経団連評議員会副議長
平成9年勲一等瑞宝章
平成10年5月経団連評議員会議長
平成10年10月NEC取締役相談役、防衛庁の装備調達をめぐる水増し請求事件の責任をとり会長退任
平成12年6月NEC相談役
平成14年12月NEC相談役を解任、リストラ戦略を巡って当時の経営陣と対立
平成19年11月11日午前8時20分、脳梗塞のため死去、80歳



キーワード:【せ】[え][N][兵庫県][東京大学][1926][11-14]

[前頁]  [目次]  [次頁]