企業家人物辞典 >> 経済訃報 >> 経済訃報2006
 
 
 
能村龍太郎 太陽工業創業者

更新日: 2006-01-19 

能村龍太郎(のうむら・りょうたろう) 太陽工業創業者が、2006年01月19日、腎不全のため死去、83歳。


能村 龍太郎【のうむら・りょうたろう】
【肩書き】太陽工業創業者
【生年月日】1922年5月29日
【没年月日】2006年1月19日
【年齢】83歳
【出身地】大阪府大阪市
【経歴】
1922(大正11)年5月29日生
1946(昭和21)年能村縫工所として家業のテント製造業を再建
1947(昭和22)年太陽工業株式会社を設立
支柱を使わない大規模なエアドームを開発
1970(昭和45)年3月大阪万博開催、パビリオンや飲食店の90%以上を太陽工業が手がける。アメリカ館のパビリオンは世界初のエアドーム式の大規模な膜面構造物となる。
1977(昭和52)年会長に就任
1988(昭和63)年国内初の屋内野球場として東京ドーム完成、その後、関西国際空港や米デンバー国際空港のターミナルビル、多目的ホール、屋内プールにも活用される。
1993(平成5)年勲三等瑞宝章を受章
2006(平成18)年1月19日午後5時29分、腎不全のため死去、83歳
大阪府大阪市出身



キーワード:【の】[た][大阪府][1922][05-29]

[前頁]  [目次]  [次頁]