企業家人物辞典 >> 新社長 >> 財界人事
 
 
 
富士ゼロックス 小林陽太郎会長が退任

更新日: 2006-02-23 

小林 陽太郎【こばやし・ようたろう】


【肩書き】富士ゼロックス 元社長・会長、経済同友会代表幹事
【生年月日】昭和8年4月25日
【年齢】72歳
【出身地】東京都
【学歴】1956(昭和31)年慶応義塾大学経済学部卒業
【経歴】
1933(昭和8)年4月25日生
1956(昭和31)年慶応義塾大学経済学部卒業
1958(昭和33)年米国ペンシルベニア大学大学院修士修了(MBA)
1958(昭和33)年10月富士写真フイルム入社
1963(昭和38)年9月富士ゼロックス入社
1968(昭和43)年12月同取締役販売部長
1972(昭和47)年12月同常務取締役営業部長
1976(昭和51)年1月同取締役副社長
1978(昭和53)年1月同取締役社長
1987(昭和62)年5月ゼロックスコーポレーションの取締役
1992(平成4)年1月同代表取締役会長
1994(平成6)年6月日米経済協議会会長(〜1997年07月)
1996(平成8)年3月ABBアセア・ブラウン・ボベリ取締役
1998(平成10)年4月日本アスペン研究所会長
1998(平成10)年6月キャロウェイ・ゴルフ取締役
1999(平成11)年4月経済同友会代表幹事。外資系企業のトップが代表幹事に就くのは初めて
1999(平成11)年7月日本電信電話(株)取締役
1999(平成11)年10月総合研究開発機構会長
2000(平成12)年9月栄典制度の在り方に関する懇談会メンバー
2001(平成13)年4月経済同友会代表幹事再任
2004(平成16)年6月代表権を返上、取締役会長

【備考】
2006年4月1日付で取締役を退き、相談役最高顧問に就任
会長職は当面、空席にする


キーワード:【こ】[ふ][東京都][慶應義塾大学][ペンシルベニア大学](米)[1933][04-25]

[前頁]  [目次]  [次頁]