企業家人物辞典 >> 経済傑物列伝 >> 偉人データ
 
 
 
ピーター・ドラッカー【ぴーたー・どらっかー】経営学者・社会学者

更新日: 0000-00-00 

ピーターF.ドラッカー【ぴーたー・どらっかー】


【肩書き】経営学者・社会学者
【英字】Peter Ferdinand Drucker
【生年月日】1909年11月19日
【没年月日】2005年11月11日
【出身地】オーストリア・ウィーン
【学歴】フランクフルト大学卒業
1931年フランクフルト大学で法学博士号取得
【経歴】
1909年、オーストリア=ハンガリー二重帝国の首都・ウィーン生まれ。フランクフルト大学卒業後、経済紙の編集記者等を務めた後、ロンドンでの金融機関勤務を経てアメリカに移住。1943年にゼネラル・モーターズ(GM)のコンサルティング業務を請け負い、その研究成果をまとめた『社会という概念』を出版したのを皮切りに、以降、経営に関する数々の著作を刊行。他に先駆けて来るべき社会の将来像を提示し、その時代の変化に合わせた経営コンセプトと手法を次々に編み出してきた。ビジネス界にも大きな影響を与え続けた経営思想家として、欧米はもちろん、日本の経営者にも多数の信奉者を持つ。90歳を超えてなお、米・クレアモント大学大学院教授として教鞭を執っていたが、2005年11月11日、96歳の誕生日を一週間後に控え、永眠した


キーワード:【P】【ひ】[オーストリア][フランクフルト大学](独)[1900代生][2000代没][1909][11-19]

参考文献検索

[前頁]  [目次]  [次頁]