企業家人物辞典 >> 経済傑物列伝 >> 偉人データ
 
 
 
吉原重俊【よしはら・しげとし】初代日本銀行総裁

更新日: 0000-00-00 

吉原 重俊【よしはら・しげとし】


【肩書き】初代日本銀行総裁
【生年月日】1845年4月
【没年月日】1887年12月19日
【出身地】鹿児島県
【経歴】
弘化2年(1845年)に薩摩藩士の子として生まれた。慶應2年(1866年)に藩から選ばれて米英両国に留学。留学中の明治5年に外務省書記官となり、在米日本大使館に勤務しますが、その後大蔵省に転じて大蔵卿・松方正義の下で活躍。明治13年に大蔵少輔(次官)となり、在任中の明治15年に日本銀行創立事務委員に任命され、日本銀行設立とともに初代総裁に就任。明治20年12月、総裁の現職のまま死去。43歳。


キーワード:【よ】[鹿児島県][1840代生][1880代没][1845]

参考文献検索

[前頁]  [目次]  [次頁]