企業家人物辞典 >> 経済傑物列伝 >> 偉人データ
 
 
 
森村市左衛門(6代)【もりむら・いちざえもん】森村財閥創業者、日本陶器創業者、男爵

更新日: 0000-00-00 

森村 市左衛門(6代)【もりむら・いちざえもん】


【肩書き】森村財閥創業者、日本陶器創業者、男爵
【生年月日】1839年10月28日
【没年月日】1919年9月11日
【出身地】東京都
【経歴】
幕末に銀座で夜店をはって煙草入れを売り、維新後は生糸、羽ニ重を外人に売って巨利を博しす。1876年(明治9年)、森村市左衛門と森村豊兄弟の両氏によって森村組創立。1904年(明治37年1月)、日本陶器合名会社設立、その後、1917年(大正6年5月)に、同社の衛生陶器部門を分離して東洋陶器[株]が、1919年(大正8年5月)に碍子部門を分離して日本碍子[株]が設立された。同年(大正8年5月)に、大倉陶園、1924年(大正13年2月)には伊奈製陶[株]などが設立され、森村財閥が形成された。クリスチャンでもあった。


キーワード:【も】[東京都][1830代生][1910代没][1839][10-28]

参考文献検索

[前頁]  [目次]  [次頁]