企業家人物辞典 >> 経済傑物列伝 >> 偉人データ
 
 
 
孫正義【そん・まさよし】ソフトバンク社長、ヤフー会長、ソフトバンクモバイル社長兼CEO、ソフトバンクテレコム社長CEO、ソフトバンクBB社長兼CEO、福岡ソフトバンクホークスオーナー

更新日: 2007-09-14 

孫 正義【そん・まさよし】


【肩書き】ソフトバンク社長、ヤフー会長、ソフトバンクモバイル社長兼CEO、ソフトバンクテレコム社長CEO、ソフトバンクBB社長兼CEO、福岡ソフトバンクホークスオーナー
【生年月日】1957年8月11日
【出身地】佐賀県鳥栖市
【学歴】北九州市立引野小学校、北九州市立引野中学校、福岡市立城南中学校、久留米大学附設中学校を経て
昭和48年久留米大学附設高等学校入学
昭和49年久留米大学附設高等学校中退
昭和49年米国サンフランシスコ・セラモンテ高等学校編入
昭和50年米国ホーリーネームズ大学入学
昭和52年カリフォルニア大学バークレー校経済学部編入
昭和55年カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業
【年表】
昭和32年8月11日在日朝鮮人2世として佐賀県鳥栖市に生まれる、4人兄弟の次男、ガンホー・オンライン・エンターテイメント会長の孫泰蔵は実弟
北九州市立引野小学校、北九州市立引野中学校、福岡市立城南中学校、久留米大学附設中学校を経て
昭和48年久留米大学附設高等学校入学
昭和49年久留米大学附設高等学校中退
昭和49年米国サンフランシスコ・セラモンテ高等学校編入
昭和50年米国ホーリーネームズ大学入学
昭和52年カリフォルニア大学バークレー校経済学部編入
昭和54年米国でソフトウェア開発会社の「UnisonWorld」設立、大学在学中に音声装置付きの多国語翻訳機の試作機を開発して、当時のシャープ佐々木正専務に1億円でで売り込みその資金を元にする
昭和55年カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業
昭和55年帰国後、ユニソン・ワールド設立
昭和56年9月鞄本ソフトバンク(現ソフトバンク)設立、代表取締役社長
昭和58年4月同代表取締役会長、慢性肝炎にかかり入退院をくりかえす
昭和61年2月同代表取締役社長(現任)
平成2年7月ソフトバンク鰍ノ商号を変更
平成3年韓国籍から帰化
平成6年3月米国SOFTBANK Holdings Inc.設立、取締役会長兼CEO
平成6年7月ソフトバンク滑博ョを日本証券業協会に登録
平成7年米Yahoo! Inc.に出資
平成8年1月ヤフー叶ン立、代表取締役社長
平成8年7月同社取締役会長(現任)
平成8年オーストラリアのメディア王ルパート・マードックとテレビ朝日の株式の21%を取得
平成10年1月ソフトバンク滑博ョを東京証券取引所市場第一部へ上場
平成10年5月孫アセットマネージメント(現孫アセットマネージメント)取締役
平成12年5月米NASDAQと提携してナスダックジャパン(現ヘラクレス)を設立
平成12年9月鞄本債券信用銀行(現鰍おぞら銀行)の株式を取得
平成13年2月孫ベンチャーズ保証(現孫ベンチャーズ保証)取締役
平成13年6月ビー・ビー・テクノロジー(現ソフトバンクBB)代表取締役社長
平成13年9月「Yahoo! BB」のサービスを開始
平成15年9月鰍おぞら銀行の株式をCerberus NCB Acquisition, L.P.に売却
平成16年2月ソフトバンクBB椛纒\取締役社長兼CEO(現任)
平成16年7月日本テレコム(現ソフトバンクテレコム)の株式を取得し子会社化、取締役会議長
平成17年1月兜汢ェダイエーホークス(現福岡ソフトバンクホークス)の株式を取得、子会社化
平成18年4月ボーダフォン(現ソフトバンクモバイル)の株式を公開買付等により取得し子会社化、取締役会議長、代表執行役社長兼CEO
平成18年6月日本テレコム((旧)ソフトバンクテレコム)代表取締役会長
平成18年10月(旧)ソフトバンクテレコム椛纒\取締役社長CEO
平成19年2月ソフトバンクテレコム椛纒\取締役社長CEO(現任)
平成19年6月ソフトバンクモバイル椛纒\取締役社長兼CEO(現任)



キーワード:【そ】[佐賀県][カリフォルニア大学](米)[1950代生][1957][08-11]

参考文献検索

[前頁]  [目次]  [次頁]