企業家人物辞典 >> 経済傑物列伝 >> 偉人データ
 
 
 
荘田平五郎【しょうだ・へいごろう】三菱の基礎築いた大番頭

更新日: 0000-00-00 

荘田 平五郎【しょうだ・へいごろう】


【肩書き】三菱の基礎築いた大番頭
【生年月日】1847年11月8日
【没年月日】1922年4月30日
【出身地】大分県豊後国臼杵(現・大分県臼杵市)
【学歴】藩校の学古館、江戸の英学塾青地信敬塾(あおちしんけいじゅく)、一時薩摩藩の開成所、慶應義塾
【経歴】
明治期の三菱(みつびし)財閥の最高幹部。豊後(ぶんご)国(大分県)に生まれる。慶応義塾を卒業後、1875年(明治8)に三菱商会に入社した。80年には最高幹部に任ぜられた。97年から長崎造船所の支配人として労務管理制度をつくり、工業予備校を創設した。94年から1910年(明治43)まで三菱合資本社の支配人になり、また東京海上、明治生命の会長をはじめ、傍系企業の役員を多数兼任した。三菱の最初の近代的専門経営者であった。


キーワード:【し】[大分県][慶應義塾大学][1840代生][1920代没][1847][11-08]

参考文献検索

[前頁]  [目次]  [次頁]