企業家人物辞典 >> 経済傑物列伝 >> 参考文献
 
 
 
日経ビジネス人文庫 日本の優秀企業研究―企業経営の原点 6つの条件

更新日: 0000-00-00 


日本の優秀企業研究―企業経営の原点 6つの条件


(にほんのゆうしゅうきぎょうけんきゅうきぎょうけいえいのげんてん6つのじょうけんきぎょうけいえいのげんてんむっつのじょうけんにっけいびじねすじんぶんこ)
日経ビジネス人文庫
日本の優秀企業研究―企業経営の原点 6つの条件


ISBN:4532193494
371p 15cm(A6)
日本経済新聞社 (2006-06-01出版)

新原浩朗【著】
[文庫 判] NDC分類:336 販売価:\800(税込) (本体価:\762)
長期的に好業績を上げ続ける企業には、「形」でない「本質」がある―。組織の経済学の視点で、企業経営の現場を徹底検証。優秀企業の普遍性を「帰納法的」に導き出した名著、いよいよ文庫化。
序章 優秀企業はいかなる特質を有しているのか
 優秀企業の「形」と「本質」
 調査方法と留意点
 優秀企業「通念」の嘘

第1の条件 分からないことは分けること
 分からない事業をやらない勇気
 なぜ経営者の理解の範囲に絞るのか
 「中間的組織形態」でも事業範囲は広げられない
 カンパニー制の成功は容易でない  他

第2の条件 自分の頭で考えて考えて考え抜くこと
 業界の常識、成功の形を信じない
 顧客の視点で素人のように考え抜く
 力の勝負を避け、他社と違う軸で競争する
 制約があるなら、破ればいい  他

第3の条件 客観的に眺め不合理な点を見つけられること
 経営者は「傍流の時代」か?
 本社で育っていたら不思議に感じなかった
 企業内企業の誕生と全体最適の喪失
「神輿に乗らない」経営者を求める  他

第4の条件 危機をもって企業のチャンスに転化すること
 危機を脱したのは当たり前か?
 100点満点で80点のテストの見方
 危機の理由は単品経営ではない
 標準化が進むと、用途がまた広がる  他

第5の条件 身の丈に合った成長を図り、事業リスクを直視すること
 外部資金の導入制限による「背水の陣」の規律
 製品開発の不確実性を直視する
 キャッシュフロー経営の導入による規律回復
 辛抱強さを裏付けるもの――大胆な判断と資金面のリスク回避の組合せ  他

第6の条件 世のため、人のためという自発性の企業文化を埋め込んでいること
 目的が継続的社会貢献、手段が利益
 「監視のガバナンス」VS「自発性のガバナンス」
 経営者の使命感と自己規律
 製品・サービス市場がガバナンスの鍵  他

終章 私たちが輝いていた原点へ

企業名・企業人名索引

 あ行
石田退三
井深大
岩田聡
大野耐一
小倉昌男
小倉康臣
小田切新太郎

 か行
花王
賀来龍三郎
金川千尋
カルロス・ゴーン
キャノン
後藤卓也

 さ行
シマノ
島野尚三
島野容三
清水秀雄
ジャック・ウェルチ
信越化学工業
鈴木敏文
ゼネラル・エレクトリック
セブン─イレブン・ジャパン

 た行
武田國男
張富士夫
常盤文克
トヨタ自動車

 な行
任天堂

 は行
藤沢武夫
本田技研工業
本田宗一郎

 ま行
松井道夫
松下幸之助
馬渕隆一
マブチモーター
丸田芳郎
御手洗毅
御手洗冨士夫

や行
山内溥
ヤマト運輸
吉野浩行

参考1 例示として登場した優秀企業の15年間の財務データ
参考2 上場企業社長意識調査結果

謝辞
新原浩朗[にいはらひろあき]
経済産業省紙業生活文化用品課長。1984年東京大学経済学部卒業、通商産業省入省。同省にて産業政策関係の多くの法案作成などに携わる。米ミシガン大学大学院経済学博士課程留学。経済産業省情報経済課長を経て現職。早稲田大学客員教授を兼務。専門分野は、企業論、産業組織論。『日本の優秀企業研究―企業経営の原点 6つの条件』で第4回日経BP BizTech図書賞受賞

[前頁]  [目次]  [次頁]