企業家人物辞典 >> 経済傑物列伝 >> 参考文献
 
 
 
新環境技術で生き残る1000企業―エコテック戦略を技術別に徹底解析

更新日: 0000-00-00 


新環境技術で生き残る1000企業―エコテック戦略を技術別に徹底解析


(しんかんきょうぎじゅつでいきのこる1000きぎょうしんかんきょうぎじゅつでいきのこるせんきぎょうえこてっくせんりゃくをぎじゅつべつにてっていかいせき)
新環境技術で生き残る1000企業―エコテック戦略を技術別に徹底解析

ISBN:4900594407
487p 21cm(A5)
ウェッジ (2001-03-27出版)

武末高裕【著】
[A5 判] NDC分類:519.13 販売価:\4,800(税別)
企業・団体1000社の環境技術を対策分野別に網羅する。

地球環境を配慮し、環境問題に積極的に取り組むことは企業の責任かつ義務であ り、また取り組まない企業は今後生き残っていけないといえます。それほど、「環境対策」や「環境ビジネス」は企業の死命を制する要因となっています。
本書は、「大気」「水・土壌」「緑化」「エネルギー」「リサイクル」「健康」「政府・産業界の環境対策と法律」の7分野の環境技術で先行する1000の企業、大学、自治体、研究機関のエコテック戦略を一挙収録。付録のCD−ROMでは充実した検索機能、企業ホームページへのリンクにより、欲しい情報がたちどころに手に入ります。
ベストセラー(『環境技術で生き残る500企業』)を全面刷新。すべて新原稿による最新版! 企業必携の一冊です。
第1部 持続する意思が環境の世紀を創る(協調と競争のメカニズムが新しい市場のエネルギー;人にやさしい技術はシンプルでかざらない;人がほんとうに自然に近づくために;最後に残された過去の遺産を生かし切る ほか)
第2部 未来を拓く企業の環境技術(大気環境;水・土壌環境;緑化環境;エネルギー ほか)
武末高裕[たけすえたかひろ]
技術ジャーナリスト。1950年福岡県生まれ。雑誌・書籍の編集者を経て1980年からフリーのジャーナリスト。環境技術ならびに情報通信、インターネット、半導体などの先端技術が主なフィールド。人間と技術と自然との関係をテーマに、環境技術や先端技術の視点から取材活動を続けている。技術のあり方に関する啓蒙活動により、簡明技術推進機構の「PORT賞」を2000年12月に受賞。主な著書に『なぜノキアは携帯電話で世界一になり得たか』(ダイヤモンド社)、『環境技術で生き残る500企業』(ウェッジ)、『ヒトと地球のクスリになる本』(NTT出版)など多数

[前頁]  [目次]  [次頁]