企業家人物辞典 >> 経済傑物列伝 >> 参考文献
 
 
 
創業者からの遺言

更新日: 0000-00-00 


創業者からの遺言


(そうぎょうしゃからのゆいごん)
創業者からの遺言

ISBN:4907710917
207p 19cm(B6)
ゴマブックス (2001-08-10出版)

佐川清【著】
[B6 判] NDC分類:685.9 販売価:\1,500(税別)
創業以来45年、沈黙を破って凄烈な経営論を解禁。

「企業の真の存在価値は社会や人(社員)の秘めたる夢の実現に最大限貢献することである」 創業以来45年。佐川急便社主が、沈黙を破って凄烈な経営論を解禁。
人間の章 人と出会い、交わり、人と育つ―企業は人こそすべて、出会った人が最高の財産である

夢の章 夢を持って、夢を追いかけ、夢を実現せよ!―企業とは、すべての人が持つ夢の実現に貢献するためにのみ存在する

金銭の章 稼ぎ、使い、妙味を会得する―金に執着すれば金は逃げる。金は自在に操ることでよき召使いになる

トップの器量の章 常に飢え、戦い続け、決断する―経営者は、自ら省みて自己に恥じない偉大な存在でなくてはならない

修羅の章 汚職、不正、権力闘争と向き合う―経営に身をおく者は修羅の場に立たされる宿命を負うと心得よ

真理の章 良心に従い、精神の尊厳を貫く―「忘己利他」の境地に至る道とは

魂の章 人の魂を揺さぶるものは、虚飾を去った裸の精神である―魂が共感しあえれば企業に不可能はない!

新生の章 志を抱き、義を守り、まっすぐ新時代を拓け―企業を永遠たらしめるために、一路邁進せよ
佐川清[さがわきよし]
大正11年3月、新潟県中頚城郡板倉村(現在は板倉町)に生まれる。家業に従事した後、土木業「佐川組」を興す。昭和32年、佐川組を解散後急便業を開始。急進に次ぐ急進で日通に次ぐ運送業界No.2(売上高7000億円)企業に育て上げた。現在、社主

[前頁]  [目次]  [次頁]