企業家人物辞典 >> 経済傑物列伝 >> 参考文献
 
 
 
孔子―人間、どこまで大きくなれるか

更新日: 0000-00-00 


孔子―人間、どこまで大きくなれるか


(こうしにんげんどこまでおおきくなれるか)
孔子―人間、どこまで大きくなれるか

ISBN:4837918557
216p 19cm(B6)
三笠書房 (2000-10-30出版)

渋沢栄一【原著】・竹内均【編・解説】
[B6 判] NDC分類:123.83 販売価:\1,400(税別)
人生、仕事の秘訣は「渋沢論語」に聞け!渋沢栄一は孔子のどこにそれほどまで傾倒したのか。最高唯一の「実学の書」として心血注いでまとめ上げた現代人への"遺書"。


孔子の生き方、つまり「論語」のエキスをそのまま日常生活、仕事に応用して成功した人は多い。
その代表が渋沢栄一である。
「論語」をなめるように読み、実践し、日本経済を支える五〇〇の会社づくりに応用していったのである。
人生への取り組み方、自分の取柄を磨き育てる工夫、そしていい人間関係の築き方など、読んだその日から「役に立つ」―本当の“実学”の本。
第1章 学而篇―人生いちばんの楽しみをどこに求めるか
第2章 為政篇―心に“北極星”を抱く人の日々の生き方
第3章 八〓篇―生まれもった資質にさらに磨きをかける
第4章 里仁篇―この心意気、この覚悟が人生の道を開く
第5章 公冶長篇―“一時の恥”にこだわって自分を小さくしてはならない
第6章 雍也篇―孔子流の「先憂後楽」の生き方

[前頁]  [目次]  [次頁]