企業家人物辞典 >> 経済傑物列伝 >> 参考文献
 
 
 
実践経営哲学

更新日: 0000-00-00 


実践経営哲学


(じっせんけいえいてつがく)
実践経営哲学

ISBN:4569534082
22cm 115p
PHP研究所 (1990/12出版)

松下幸之助【著】
[A5 判] NDC分類:335.04 販売価:\1,228(税込) (本体価:\1,170)
事業一筋60年、幾多の苦境、体験の中からつかんだ著者ならではの経営観、経営理念。“不確実性”の叫ばれる現代、経営の原点とは何かを全経営者、ビジネスマンに問う。
わずか三人で細々と始めた事業を、一代で世界的な企業にまで成長させた松下幸之助。
その成功の要因を尋ねられたとき、松下は、「経営理念の大切さ」を説くことが多かった。
本書は、松下が六十余年の事業体験を通じて培った、経営理念、経営哲学ともいうべきものの考え方を、二十項目にわたってまとめたものである。
松下経営の真髄が説かれた、経営者必読の書である。

本書は松下幸之助「心得帖シリーズ」の五作目である。本書では松下がささやかな形で始めた事業を、一代にして世界的企業に育て上げた要因を自ら分析して、二十項目にまとめたものである。
自身の言葉を借りれば「六十年の事業体験を通じて培い、実践してきた経営についての基本の考え方、いわゆる経営理念、経営哲学をまとめた」ものという。
具体的な項目には、「人間観をもつこと」「使命を正しく認識すること」「素直な心になること」など、字面だけでは松下が説こうとすることは掴み難いだろう。しかし、経営に当たる者が、人間とはどういう特質をもった存在であるかを知らずに、正しい経営を行うことができるだろうか。使命感無きところには、為すべきを為す勇気も生まれてはこないだろう。そこに経営の失敗に通じる道を歩んでしまう危険性が生じてくるというわけだ。
経営者はいうまでもなく、課の経営、部の経営に当たる人達にも是非一読を薦めたい一冊だ。
まず経営理念を確立すること
ことごとく生成発展と考えること
人間観をもつこと
使命を正しく認識すること
自然の理法に従うこと
利益は報酬であること
共存共栄に徹すること
世間は正しいと考えること
必ず成功すると考えること
自主経営を心がけること
ダム経営を実行すること
適性経営を行うこと
専業に徹すること
人をつくること
衆知を集めること
対立しつつ調和すること
経営は創造であること
時代の変化に適応すること
政治に関心をもつこと
素直な心になること

[前頁]  [目次]  [次頁]