企業家人物辞典 >> 経済傑物列伝 >> 参考文献
 
 
 
昭和の歩み〈3〉/日本の会社

更新日: 0000-00-00 


昭和の歩み〈3〉/日本の会社


(3しようわのあゆみ )
昭和の歩み〈3〉/日本の会社

ISBN:4532088348
244p 19cm(B6)
日本経済新聞社 (1988-06-03出版)

日本経済新聞社【編】
NDC分類:332.107 本体価:\1,214
同時代の記者が書いたミクロの昭和経済史。
1 合理化とカルテル化の下で 昭和1〜19年(鈴木商店の倒産;鐘紡の長期スト;三井銀行のドル買い;日本製鉄の設立;財閥、本社を株式会社に改組;新興財閥の躍進)

2 新企業群の誕生 昭和20〜29年(10大財閥の解体;三井物産、三菱商事の解散;日本製鉄など11社を分割;サラリーマン重役登場;ソニーと本田技研工業の誕生;川鉄、新鋭一貫製鉄所を建設;経済四団体の結成;労働争議の多発;社長会の結成)

3 投資ブームと流通革命 昭和30〜39年(生産性向上運動;春闘の定着;松下、全国に販売会社を設立;東レ・帝人、ICIから技術導入;ダイエーの発足;日本的経営の発展;八幡製鉄、わが国初の転炉建設;三井三池、空前の長期スト;中堅企業群の台頭;三菱重工の合併)

4 公害、消費者問題への対応 昭和40〜49年(山陽特殊製鋼の倒産;八幡・富士製鉄の合併;ソニー、米国株式市場へ上場;日本マクドナルドの設立;4大公害訴訟で企業側敗訴;トヨタ、カンバン方式を展開;消費者運動もり上がる)

5 減量と世界戦略の展開 昭和50年以降(減量経営始まる;ロッキード事件と丸紅、全日空;IJPCの挫折;富士通、45歳研究を開始;日立、IBMスパイ事件発生;本田技研、米国で乗用車生産;三越、社長を解任;トヨタ、GMと合弁会社設立;NTTの発足;東芝機械のココム違反)

6 数字で読む会社の歩み
昭和の歩み 総合索引

[前頁]  [目次]  [次頁]